盛り上がったラグビーW杯 日本代表の試合に感動した人が続出

11月6日(水)10時5分 しらべぇ

ラグビーワールドカップ

9月20日から始まった「ラグビーワールドカップ2019」は、南アフリカが優勝して感動のフィナーレとなった。

ここまで盛り上がりを見せた理由は、日本代表が強豪・アイルランドやスコットランドに勝利し、無敗で史上初の決勝トーナメントに進出したことが大きいだろう。準決勝では南アフリカに敗れたものの、最後まで諦めない姿勢は多くの日本人を感動させた。


■日本代表の試合に感動した?

強豪を次々と打ち破った日本代表の試合に感動した人はどのくらいいるのか、しらべぇ編集部では全国の10〜60代の男女1,733名に調査を実施。

結果、「感動した」答えた人は46.2%。半数近くの人が日本代表の試合に心を揺さぶられている。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、日本ラグビーの懸念点を指摘 「その通り!」

■年代別に見てみると…

日本代表の試合に感動したと答えた人を年代別に見てみると傾向が出た。

中高年の割合が高く、60代は63.1%が「感動した」と回答している。中高年はサッカーよりもラグビーが隆盛を誇っていた時代を知っている年代。

また、日本代表がワールドカップで1勝すらできなかった時代を見ており、苦しい時期を乗り越えて強くなった様子に感動したのだろう。

■ファンの意見は?

日本代表の試合に感動したというラグビー好きのNさん(50代・男性)に話を聞いてみた。

「2015年は、そんなに強くなったと感じませんでした。ところが今年はアイルランドにほぼ完勝。ロシアやサモアも寄せ付けず、最後のスコットランドにも勝利して…。予選4連勝は、過去には考えられない成績だった。


南アフリカに負けはしましたが、前半は互角で、勝てるかもしれないと思わせてくれた。全試合が素晴らしい戦いぶりだったと思います」


■興味がなかった人も感動

一方全くラグビーを見たことがなかったというHさん(30代・女性)はこう話す。

「開幕前は全く興味がなく、ラグビーのルールも知らなかったのですが、周りにつられて試合を見てみたら、かなり楽しかった。とくに日本代表が外国人に対して向かっていく姿に感動を覚えました。


完全なニワカですけども、ラグビーって面白いなと思い、興味を持ちましたね」


多くの人に感動を与えたラグビー日本代表。ワールドカップの盛り上がりを、2020年1月から始まるトップリーグに繋げてもらいたいものだ。


・合わせて読みたい→ラグビーワールドカップいよいよ明日開幕! ファンゾーンが横浜に登場


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年10月28日〜2019年10月30日

対象:全国10代〜60代の男女1,733名 (有効回答数)

しらべぇ

「ラグビーW杯」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ラグビーW杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ