17歳の久保建英、U-21日本代表初招集。UAE遠征へ「しっかり溶け込んでいきたい」

11月7日(水)15時39分 フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は7日、今月11日からUAE遠征に出発するU-21日本代表メンバーを発表した。

 先月下旬から今月頭までU-19日本代表としてインドネシアでのAFC U-19選手権を戦い、帰ってきたばかりの久保建英がU-21日本代表に初招集されている。17歳にして、昨年12月に初陣を飾った森保一監督体制での東京五輪を目指す代表チームの一員となった。

 久保はインドネシアから帰国して約1週間で再び海外遠征に出ることになるが、「全然もう大丈夫」とコンディション面に不安はない。U-21代表入りを受けて「何人かは知っている選手がいるので、(15歳でU-19代表に)初めて行った時よりは全然入りやすいと思う。楽しみという感じです」と新たなステージへの意欲を口にした。

 現在のU-21日本代表には、昨年ともにU-20ワールドカップに出場したメンバーが多くいる。彼らの存在は久保がチームに馴染む上で、ピッチ内外で大きな意味を持つに違いない。

「一緒にやる選手の特徴とかを早く理解して、その選手たちに合わせつつ、自分の特徴も理解してもらうというのは、入っていく選手にとっては馴染めるか、馴染めないかで非常に重要になってくるかと思う。そういうところは自分は得意だなという自負もあるので、しっかり溶け込んでいければいいかなと思います」

 U-21日本代表はUAE遠征でドバイカップU-23に参加し、現地時間14日にU-23ウズベキスタン代表と、同17日にU-23クウェート代表と、そしてどう20日にU-23UAE代表と対戦する予定になっている。

フットボールチャンネル

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ