オジエが52周を走り込む。セバスチャン・モントーヤもタイムアップ【タイム結果】WECルーキーテストS2

11月8日(月)9時31分 AUTOSPORT web

 11月7日、最終戦翌日のバーレーン・インターナショナル・サーキットにおいてWEC世界耐久選手権の『ルーキーテスト』が実施され、午後のセッション2ではアルピーヌ・エルフ・マットミュートの36号車アルピーヌA480・ギブソンを駆るニコラ・ラピエールがわずかにトヨタGR010ハイブリッドを上回り、午前中のセッション1に続いてトップタイムをマークしている。


 WECルーキーテストには、WECに参戦する各チームが、レギュラードライバーのほか、将来有望な若手ドライバーや、他カテゴリーで活躍するトップドライバーなどをエントリーさせることができる。


 これに加え、シリーズオーガナイザーは“模範的なパフォーマンスとレーススキル”により選ばれた若手ドライバーに対し、ハイパーカークラスとLMGTEプロクラスのチャンピオンカーにおける、最低30周のテスト機会を提供している。


 3時間にわたって行われた午後のセッションでは、序盤にトヨタGAZOO Racingの7号車GR010ハイブリッドを駆るマイク・コンウェイ、8号車のセバスチャン・ブエミがベストタイムを相次いで更新していく。


 しかし、気温の下がったセッション終盤、残り15分を切ったところでラピエールが1分48秒875をマーク。ブエミのタイムを0秒142上回り、セッションベストを奪った。


 午前・午後を合わせた最速は、午前中にラピエールがマークした1分48秒697となっている。


 トヨタからテストに参加している7度のWRC王者、セバスチャン・オジエは、午後もGR010ハイブリッドで精力的に走り込み、52周を走破。オジエ自身のベストタイムは午前中にマークした1分50秒647となった。


 一方、WEC推薦枠でGR010ハイブリッドのドライブが実現したシャルル・ミレッシは、午後のセッションでは走行していない。ミレッシは午前中、オジエよりも速いタイムをマークしている。

トヨタGAZOO RacingのGR010ハイブリッドを初ドライブしたセバスチャン・オジエ
トヨタGAZOO RacingのGR010ハイブリッドを初ドライブしたセバスチャン・オジエ

午前・午後を通じたベストタイムをマークしたアルピーヌのニコラ・ラピエール
午前・午後を通じたベストタイムをマークしたアルピーヌのニコラ・ラピエール


 父、ファン・パブロ・モントーヤが今季のWECでドライブしたLMP2のドラゴンスピード21号車オレカ07・ギブソンでテストに参加したセバスチャン・モントーヤは、午前中の自身のタイムを更新し、1分52秒245というベストタイムをマークしている。


 Wシリーズ王者のジェイミー・チャドウィックも、午後のセッションから登場。LMP2のリシャール・ミル・レーシングチームの1号車オレカをドライブした。なお、同チームからエントリーしていた同じくWシリーズドライバーのアリス・パウエルは、周回を行っていない。

Wシリーズ王者のジェイミー・チャドウィックもドライブしたリシャール・ミル・レーシングのオレカ07
Wシリーズ王者のジェイミー・チャドウィックもドライブしたリシャール・ミル・レーシングのオレカ07

ロバート・クビサも急遽テストでのラインアップに加わったアイアン・リンクスの60号車フェラーリ
ロバート・クビサも急遽テストでのラインアップに加わったアイアン・リンクスの60号車フェラーリ


 LMGTEクラスでは、午前中に走行のなかったポルシェGTチームがレギュラードライバーの手によって走行を重ね、92号車ポルシェ911 RSR-19のケビン・エストーレがクラストップタイムをマーク。


 LMGTEアマクラスは、急遽アイアン・リンクスのフェラーリ488 GTE Evoからエントリーしたロバート・クビサがWECレギュラー外の“ルーキー”の中で最速となった。なお、WEC推薦枠でテストドライブが実現したローレンツ・ホアは、午前中のセッションに続きAFコルセ83号車フェラーリで42周を走破したほか、AFコルセ54号車でも11周を走行している。


 WECはこのルーキーテストをもって2021シーズンの全イベントを終了。2022年シーズンは3月にアメリカのセブリングで開幕する予定だ。


■2021WECルーキーテスト セッション2 ドライバー別ベストタイム
















































































































































































































































































































Pos.No.ClassTeamCarDriverTimeTotal Laps
136HYPERCARアルピーヌ・エルフ・マットミュートアルピーヌA480・ギブソンN.ラピエール1’48.87554
28HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドS.ブエミ1’49.0178
37HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドM.コンウェイ1’50.81524
431LMP2チームWRTオレカ07・ギブソンS.フローシュ1’50.87066
58HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドS.オジエ1’51.18952
628LMP2JOTAオレカ07・ギブソンJ.ジャファー1’51.31153
721LMP2 ProAmドラゴンスピードUSAオレカ07・ギブソンS.モントーヤ1’52.24537
81LMP2リシャール・ミル・レーシング・チームオレカ07・ギブソンJ.チャドウィック1’53.66826
91LMP2リシャール・ミル・レーシング・チームオレカ07・ギブソンL.ワドゥー1’55.13125
1092LMGTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSR-19K.エストーレ1’57.58378
1151LMGTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EvoA.ピエール・グイディ1’57.63579
1291LMGTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSR-19R.リエツ1’57.79276
1360LMGTE Amアイアン・リンクスフェラーリ488 GTE EvoR.クビサ1’58.63211
1498LMGTE Amアストンマーティン・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
D.ピタード1’59.02112
1533LMGTE AmTFスポーツアストンマーティン・
バンテージAMR
F.ラトー1’59.11912
16777LMGTE AmDステーション・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
V.ハッセ・クロット1’59.26712
1798LMGTE Amアストンマーティン・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
N.キヤガード1’59.34812
1898LMGTE Amアストンマーティン・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
R.デ・アンジェリス1’59.60412
1954LMGTE AmAFコルセフェラーリ488 GTE EvoL.ホア1’59.70611
20777LMGTE AmDステーション・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
K.コッホ1’59.73512
2152LMGTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EvoS.マン2’00.01445
2233LMGTE AmTFスポーツアストンマーティン・
バンテージAMR
G.ハファカー2’00.24432
2360LMGTE Amアイアン・リンクスフェラーリ488 GTE EvoA.ペローニ2’00.28019
2452LMGTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EvoC.ウルリッヒ2’00.34133
2583LMGTE AmAFコルセフェラーリ488 GTE EvoL.ホア2’00.40642
2685LMGTE Amアイアン・リンクスフェラーリ488 GTE EvoF.ジロラミ2’00.52918
27777LMGTE AmDステーション・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
D.マーレー2’00.66612
2885LMGTE Amアイアン・リンクスフェラーリ488 GTE EvoB.バプティスカ2’00.94617
2960LMGTE Amアイアン・リンクスフェラーリ488 GTE EvoB.ゲーテ2’01.59817


※編集部集計

AUTOSPORT web

「ルーキー」をもっと詳しく

「ルーキー」のニュース

「ルーキー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ