山本草太、ケガ乗り越えてNHK杯「この舞台にいられるのが幸せ」

11月8日(木)20時48分 スポーツニッポン

<フィギュアNHK杯会見>本番に向け意気込む(前列左から)須崎海羽、紀平梨花、宮原知子、三原舞依、小松原美里(後列左から)木原龍一、山本草太、宇野昌磨、佐藤洸彬、ティム・コレト(撮影・小海途 良幹)

写真を拡大

フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦、NHK杯(9日開幕、広島県立総合体育館)を前に、日本選手が8日に広島県内で会見に臨んだ。男子の山本草太(18=中京大)は「トップクラスが出る試合なので、見劣りしない演技ができるように頑張る」と意気込みを語った。

 今大会に向けて「全ての要素で足りていない部分があったので練習してきた」。初のGPシリーズ挑戦となるが「選んでいただいた分、まだ戦うというような立場でもない。しっかり自分の演技は頑張ってやっていかないといけない」と言葉に力を込めた。

 度重なるケガや手術を乗り越え、ついにたどり届いた大舞台。「この舞台にいられるのは幸せ。しっかり楽しみながら頑張りたい」と抱負を語った。

スポーツニッポン

「山本草太」をもっと詳しく

「山本草太」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ