矢野監督「価値ある」ドラ1西らにキャンプ観察勧め

11月9日(土)7時0分 日刊スポーツ

矢野燿大監督

写真を拡大


阪神矢野燿大監督は9日から安芸秋季キャンプを見学するドラフト上位2選手に「観察」を勧めた。ドラフト1位の創志学園・西と同2位の履正社・井上広大外野手(18)が2日間見学予定。
指揮官は「ある意味ピリっというか、気持ちが引き締まるような部分は出てくると想像するんだけどね。見ることに価値がある。それぞれ感じてくれたら」と語った。西の指名あいさつに出向いた矢野監督だが、ほかの指名選手とはまだ面識がない。「西以外は話したこともないので。ちょっと話を聞いてみたいし、ありのままを見てもらえれば」と話していた。

日刊スポーツ

「キャンプ」をもっと詳しく

「キャンプ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ