鈴木武蔵2発「札幌来れて良かった」自己最多12点

11月9日(土)20時5分 日刊スポーツ

横浜対札幌 前半、1点目のゴールを決めた札幌MF鈴木(右)はイレブンと喜ぶ(撮影・浅見桂子)

写真を拡大


<明治安田生命J1:横浜4−2札幌>◇第31節◇9日◇ニッパツ

コンサドーレ札幌MF鈴木武蔵(25)が横浜F・マリノス戦で2戦連発となる2得点を挙げ、自己最多12点目をマークした。
日本代表としてW杯アジア2次予選キルギス戦(14日、ビシュケク)と国際親善試合キリンチャレンジ杯ベネズエラ戦(19日、吹田)に臨む。
試合は横浜に2−4で敗れたが、代表戦を前に点取り屋の意地を見せた。チームは残り3試合で6位以下が確定。4位以内で望みがあったアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場の可能性は消えた。
   ◇   ◇   ◇
鈴木が横浜の攻撃力に屈せず、負けじとゴールに迫った。両チーム合わせて34本のシュートが飛び出した撃ち合い。開始4分で立て続けに2点を失ったが、すぐに攻勢に出た。前半8分、FWジェイのシュートのこぼれ球を押し込み1点目。1−4で迎えた後半29分も諦めなかった。MF荒野から受けたパスを右足で流し込んで、リーグ戦では第2節浦和レッズ戦以来の複数得点となる2点目を挙げた。
今季リーグ戦12得点で、昨季所属のV・ファーレン長崎で記録した自己最多11点を抜いた。優勝戦線にいる横浜相手の敗戦に「立ち上がりの失点が少し早かった。前半に崩せていれば、もっといいゲームになったはず」。自身の記録よりも、敗戦の悔しさが口をついた。
昨季の得点を超えることは、数字ではっきり目にできる成長の証しだ。札幌への今季加入を決めたのも、さらなるステップアップのためだ。速いテンポのサッカーで生かせる自慢のスピード力に、ミハイロ・ペトロビッチ監督(62)のもとで養う動き方の向上。間違いなく選手としての幅を広げている。
毎試合、ロッカールームでの円陣後に行う儀式がある。「自分に関わるすべての人に感謝するんだけど、札幌に来れて良かったと感じながら、このチームで今やれていることに幸せを感じろって、自分に言ったりしている」。今、鈴木は選手として感謝と幸福を感じながらプレーしている。
10日、日本代表としてキルギスへ出発する。チームに勝利を呼び込めなかったが、得点への感触は手にできた。「3月から代表に呼ばれてまだゴールがないので、結果で示したい。一番アピールになるのは結果なので」と、代表初ゴールを誓う。札幌の初のACLへの挑戦は残り3試合を残し消滅した。「(今季リーグ戦の)目標にしていた15点まであと3点」と、狙うものがさらに高みにある鈴木の闘争心は、消えることはない。【保坂果那】

日刊スポーツ

「鈴木武蔵」をもっと詳しく

「鈴木武蔵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ