桑田真澄氏34年ぶり聖地で登板、1回2安打無失点

11月9日(土)11時51分 日刊スポーツ

甲子園球場で登板するPL学園OBの桑田真澄氏(撮影・上田博志)

写真を拡大


<マスターズ甲子園:PL学園5−1利根商>◇9日◇甲子園

PL学園のエースとして2度の甲子園優勝を経験した大エース・桑田真澄氏(51)が4回から登板した。高校時代を思わせる背番号1の母校のユニホームを身にまとい、高3の1985年夏以来、34年ぶりに聖地のマウンドで腕を振った。
先頭打者は11球粘られ四球。無死一塁としたが、2番打者を遊直に打ち取りダブルプレー。3番打者に左前安打を許し二死一塁。4番打者に代名詞の99キロカーブを右前に運ばれ、2死一、二塁としたが、5番打者を二飛に仕留め、2安打無失点に抑えた。
最速126キロ。球数18。
桑田の登板は4回表の1イニングのみで、その裏からは遊撃の守備についた。5回表は「4番・遊撃」で先頭打者として打席に立ち、右越え二塁打で出塁。次打者の三ゴロの当たりで、スライディングで三塁に到達。6番岩田徹捕手(52)の左前適時打で4点目のホームを踏んだ。
5回終了時点で、PL学園4−1利根商。

日刊スポーツ

「桑田真澄」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「桑田真澄」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ