「パフォーマンスはもっと良くなる」…制限有の代表戦も川島永嗣は前向き

11月9日(月)22時24分 サッカーキング

川島がオンラインで取材に応じた 

写真を拡大

 日本代表GK川島永嗣(ストラスブール/フランス)がオンラインで取材に応じた。

 日本代表は10月9日にカメルーン戦(△0−0)、13日にコートジボワール戦(〇1−0)と約1年ぶりの代表戦を行った。以来選手たちはクラブに戻り1カ月を過ごしての再集合となったが、川島は「活動がないなかでニュースを通してだけじゃなくチームメイトがどういう成長を遂げたのかとかを肌で感じられた部分はあるし、そのなかで刺激を受けることができた。僕自信も年齢的にはどう考えても一番上ですけど、若い選手含めてそういう姿が見れるのは刺激的ですし、チームに戻ってからもモチベーションは高かったし、今回もチームが成長するためにそういう部分は必要だと思います」と刺激になっていることを明かした。

 11月は13日のパナマ代表戦、17日のメキシコ代表戦と2試合を控えている。今月の試合で得たいものとして次のようにコメントした。

「まだ他の選手がきてないので話はしてないですけど、前回は久々に集まったなかで結果を残せたというのは大きいと思いますけど、自分たちが目指すものとかそれぞれのパフォーマンスはもっと良くなると思うし、もっと攻撃の部分はリスクを負ってやらなきゃいけないし、ダイナミックさはもっと増やしていかないといけないので、結果を求めながらどういう質を追求していくのかはより表現していかなきゃいけないと思います」

 日本代表は10月のオランダからオーストリア、グラーツに拠点を移し合宿を行っている。グラーツには元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が住んでおり、当時オシム氏の指導を受けた川島は「ここに来るときにオシムさんのことを考えていて、やはり代表でオシムさんとやらせてもらった時間は特別でした。試合に出してもらうことはなかったですけど色んな意味で大きな刺激をくれた監督なので、オシムさんもストラスブールでプレーしてたこともあるので、会えたらそういう話もしたいなと思っていました」と触れた。

 一方、今シーズン限りでの現役引退を発表し、日本代表でもともに戦った川崎フロンターレのMF中村憲剛のことを問われると、「本人にも言いましたけど、まだ試合は残ってますし、お疲れ様とは言いたくないですし、ただ色んな意味で僕自身もフロンターレや日本代表でやらせてもらったなかでいい時間はもちろん、お互いよくない時期も共有してきた」と振り返り、「彼のフロンターレに対する貢献もそうだし、自分がフロンターレにいたときは優勝はつかめないなかで過ごしていたので、今こういう形でチームを優勝させて、こういう決断を今したっていうのは本当に寂しいけど、一緒にやった仲間としてはすごく誇らしい辞め方だと思いますし、彼自身が表現できるプレー、存在価値含めて素晴らしいキャリアを築いてきたんだなと改めて感じました」と称賛し引退を惜しんだ。

「(散歩隊の)隊長は冨安なので、そのへんは全部下に任せてるので、僕らは年寄りの散歩です(笑)。でもそんなに真面目な話はしてないので、日々メンバーはかわりますし、今はそれこそ食事会場で会話ができなかったりリラックスルームがなかったので、コミュニケーションの場として、会話することで絆だったりピッチ上で言えることも増えると思うので、そういう風になればいいなと思います」と雰囲気の良さを伺わせた川島は、「10月に引き続いて日本代表で試合ができるのは今の代表にとっては予選に向けてもそうですし、成長していく意味でも大切だと思うので、欧州組しかいないけどチームとして成長できる時間にしていきたい」と前を向いている。

サッカーキング

「川島永嗣」をもっと詳しく

「川島永嗣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ