シェルバコワ衝撃の4ルッツ2本着氷でV 宮原2位、真凜7位

11月9日(土)19時53分 スポーツ報知

宮原知子

写真を拡大


フィギュアスケート グランプリ(GP)シリーズ第4戦 中国杯(9日)

 女子フリーが行われ、今季GP初戦でショートプログラム(SP)2位発進の宮原知子(関大)は、全てのジャンプを降りるなど、大きなミスなく滑り切り、今季自己ベストの142・27点をマーク。合計は211・18点で2位だった。

 SP6位の本田真凜(JAL)は109・36点、合計168・09点で7位。

 SP首位でシニア1年目のシェルバコワ(ロシア)は4回転ルッツ2本を着氷し152・53点、合計226・04点で優勝した。スケートアメリカに続き2勝目を挙げ、GPファイナル(12月、イタリア・トリノ)への出場を決めた。

スポーツ報知

「宮原知子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「宮原知子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ