TOTOジャパンC 鈴木愛 ノーボギー、7バーディーの65で単独首位浮上 渋野は6打差7位

11月9日(土)13時28分 スポーツニッポン

<TOTOクラシック第2日>1番ティーで笑顔の鈴木愛(撮影・井垣 忠夫)

写真を拡大

 ◇女子ゴルフ TOTOジャパンクラシック第2日(2019年11月9日 滋賀県大津市 瀬田GC北C=6659ヤード、パー72)

 女子ゴルフ唯一の日米両ツアー公認競技「TOTOジャパンクラシック」(賞金総額150万ドル=約1億6500万円、優勝賞金22万5000ドル=約2475万円)は9日、滋賀県大津市の瀬田ゴルフコース北コース(6659ヤード、パー72)で第2ラウンドを行った。

 2週連続の今季6勝目へ首位タイでスタートした鈴木愛(25=セールスフォース)が7バーディー、ノーボギーの65をマークし、通算12アンダーで単独首位に立った。

 

 この日、26歳の誕生日を迎えたギャビ—・ロペス(26=メキシコ)が67で回り、首位に3打差の通算9アンダー、2位。今年のメジャー、全米女子プロ選手権で米ツアー初優勝を飾ったハナ・グリーン(22=オーストラリア)と2014年エビアン選手権の覇者、キム・ヒョージュ(24=韓国)が首位に4打差の通算8アンダー、3位。フォン・シャンシャン(30=中国)ら2人が首位に5打差の通算7アンダー、5位に付けている。

 首位に2打差の9位からスタートした渋野日向子(20=RSK山陽放送)は4バーディー、1ボギーの69で回り、首位とは6打差の通算6アンダー、7位グループから逆転優勝を目指す。

スポーツニッポン

「TOTO」をもっと詳しく

「TOTO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ