レッズ、GK福島春樹がセーブ連発も…猛攻耐えきれずに0-1敗戦。アル・ヒラルがACL決勝で先勝

11月10日(日)3時21分 フットボールチャンネル

【アル・ヒラル 1-0 浦和 ACL決勝1stレグ】

 ACL決勝1stレグ、アル・ヒラル対浦和レッズの試合が10日に行われた。浦和はアウェイで0-1の敗戦を喫している。

 グループリーグでは3勝1分2敗の勝ち点10で2位になり決勝トーナメントへ進出した浦和。ラウンド16で蔚山現代FCを2戦合計4-2で下すと、準々決勝ではフッキやオスカルを擁する上海上港を相手に2戦合計3-3。アウェイゴール差で準決勝に駒を進めた。そして、準決勝で広州恒大を2戦合計3-0で破って決勝進出を果たしている。

 試合開始して14分、中盤でボールを奪われてからアル・ヒラルのセバスティアン・ジョビンコにシュートを打たれるが、浦和の選手がブロックしたことでボールはゴール上に外れてピンチを免れる。29分にも相手に決定的なシーンを作られるが、青木拓矢が体を投げ出してシュートブロック。33分と37分にはGK福島春樹もスーパーセーブを見せて、浦和は再三ピンチを切り抜ける。

 しかし60分、クロスボールに合わせたアンドレ・カリージョにヘディングシュートを決められアル・ヒラルに先制されてしまった。浦和は同点に追いつくことが出来ず、アウェイで0-1の敗戦を喫している。史上初の3度目アジア制覇を目指し、今度は24日にホームで2ndレグを戦うことになる。

【得点者】
60分 0-1 カリージョ(アル・ヒラル)

フットボールチャンネル

「ACL」をもっと詳しく

「ACL」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ