【プレミア12】2戦連発の4番鈴木が語る好調の要因 「自分から仕掛けていくこと」

11月10日(日)17時10分 フルカウント

オープニングR3試合で11打数5安打2本塁打9打点

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)でスーパーラウンド進出を決めた野球日本代表「侍ジャパン」は10日、ZOZOマリンスタジアムで調整し、11日のオーストラリア戦(午後7時開始、ZOZOマリン)に向けて準備を整えた。オープニングラウンド3試合で打率.455(11打数5安打)2本塁打9打点と打ちまくった鈴木誠也外野手(広島)は好調の秘訣を「積極性」と明かした。

 お互いに相手データの乏しい状況で戦う国際大会。「向こう(相手投手)もストライクをドンドン投げてくるので、追い込まれると苦しくなる。積極的に仕掛けていってボール球は見極める。そこがしっかりできているのかなと思う」と振り返った。

 オープニングラウンドではプエルトリコ戦、チャイニーズ・タイペイ戦と2試合連続弾。オーストラリア戦には3戦連発の期待もかかるが「そこは意識しない。ここまでいい勝ち方ができているので、とにかく勝ちたい」と力を込めた。(片倉尚文 / Naofumi Katakura)

フルカウント

「プレミア12」をもっと詳しく

「プレミア12」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ