ソフトバンク吉住、工藤監督から直接指導に手応え

11月10日(日)18時0分 日刊スポーツ

2軍のブルペンで吉住晴斗に投球指導する工藤公康監督(撮影・今浪浩三)

写真を拡大


ソフトバンク2年目のドラフト1位右腕、吉住晴斗投手が工藤監督からの直接指導に手応えを感じた。
ブルペンでのネットスローに約20分、つきっきりで指導された吉住は「下半身の体重移動をずっと言われている。この秋ではしっかり体をつくりたい。そのなかでフォーム修正がうまくいっていると思う」。練習後は10万円ダウンの790万円で契約を更改。「来季こそ1軍で」と気合を入れていた。(金額は推定)

日刊スポーツ

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ