侍高橋礼12日米国戦先発濃厚「手伸びゾーン」警戒

11月10日(日)18時4分 日刊スポーツ

高橋礼(19年撮影)

写真を拡大


12日米国戦での先発が濃厚な侍ジャパン高橋礼投手は2戦連続の快投を狙う。
1次ラウンド2戦目の6日プエルトリコ戦は6回1安打無失点。「(外国人選手は)ストライクゾーンを積極的に振ってくる。(注意点は)手伸びゾーン。前回と同じ形で組み立てていけたら」。舞台は東京ドーム。「ホームランが出やすい。走者をためての1発に警戒したい」と力を込めた。

日刊スポーツ

「高橋礼」をもっと詳しく

「高橋礼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ