球界最小兵の西武水口、出場機会の増加求め外野挑戦

11月10日(日)18時42分 日刊スポーツ

西武水口大地

写真を拡大


球界最小兵の西武水口大地内野手が、今オフ外野手に挑戦する。
身長163センチで、俊足を生かし今季は代走と代打で20試合に出場。来季も内野手登録だが、出場の幅を広げるため、志願して本格的に外野手練習を開始した。「外野ができれば、代走で出てもそのまま守備に入れる。チームのために何ができるかってことしか考えられない。1軍で出続けられるようにしたい」とチャレンジする。

日刊スポーツ

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ