阪神青柳「武器になる」左打者対策にシンカー手応え

11月10日(日)20時44分 日刊スポーツ

ケース打撃に登板した青柳(撮影・前岡正明)

写真を拡大


阪神青柳晃洋投手がケース打撃で習得中のシンカーを試投した。秋季キャンプで山本昌臨時投手コーチから教わった新球。
打者9人に対して4球程度を試し、左打者の小幡からは空振りも奪った。「このまま練習していけば、使えるボール。実戦で少し投げれたのは良かった」。自己最多の9勝を挙げた今季は、左打者に打率3割3分2厘と打ち込まれた。対策として外に逃げる変化球はぴったり。
右腕は「あれば武器になると思う。今年のままじゃ、来年通用するか分からないので。得れるものは、得た方がいい」と完全マスターを目指す。

日刊スポーツ

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ