仙台平岡ヘッド弾「西沢選手のところに蹴ってと」

11月10日(日)18時57分 日刊スポーツ

仙台対清水 後半3分、追加点を決めた仙台DF平岡

写真を拡大


<明治安田生命J1:仙台2−0清水>◇第31節◇10日◇ユアスタ

ベガルタ仙台が勝ち点で並ぶ清水エスパルスを2−0で破り、残留を大きく手繰り寄せた。ユアスタでの勝利は5試合ぶりで、11位に浮上。16位以上を確定させて自動降格回避が決まった。残り3試合で1勝すれば自力残留となり、早ければ次節23日のアウェーガンバ大阪戦で決まる。  
   ◇   ◇   ◇
DF平岡康裕(33)のヘディング弾が勝利を引き寄せた。決勝ゴールを決めた10月の名古屋グランパス戦でも見せたDF永戸とのホットラインが再び開通。前半、CKの守備で相手MF西沢に隙が生じることに気づき、後半早々に突いてニアで仕留めた。
「カツ(永戸)が入団してきたときからキックの精度があるのを知っていたし、『インスイングがあれば西沢選手のところに蹴ってくれ』とハーフタイムに伝えた。自分との呼吸が合ったシーン」。
本職の守備ではDFシマオ・マテとのコンビでFWドウグラスらに仕事をさせなかった。

日刊スポーツ

「仙台」をもっと詳しく

「仙台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ