ブラサカ菊島宙、小池知事と初”マッチアップ”堂々

11月10日(日)19時56分 日刊スポーツ

ブラインドサッカー女子日本代表の菊島宙(右)はパラスポーツのPRイベントで小池百合子東京都知事(中央)、タレント真鍋かをり(左)とトークショー(撮影・小堀泰男)

写真を拡大


ブラインドサッカー女子日本代表の菊島宙(そら、17)が、東京都の小池百合子知事と“マッチアップ”した!? 
10日、東京・日本橋のコレド室町テラスで行われたパラスポーツPRイベント「BEYOND FES 日本橋」にゲストアスリートとして父で所属チーム埼玉T・Wings監督の充さんと登場。小池知事、タレント真鍋かをりとトークショーを行った。
驚異的な得点能力、男子日本代表をも上回るとされるパフォーマンスから「ブラサカ界の澤穂希」と称される菊島は、初対面の小池知事の問いかけにも物おじせず堂々としたも。
「女子のブラインドサッカーは競技人口が少なくて、まだパラリンピックにも出られませんが、私がプレーを見てもうことで選手を増やしていきたいです」
女子ブラサカを強烈にアピールした後は競技体験会にもコーチとして参加し、小さな女の子に優しくボールの蹴り方をアドバイスするなどPRに全力投球した。
約1時間のイベント後は品川区のしながわ中央公園に移動してチームに合流。東日本リーグ第5節のたまハッサーズ戦に出場してチーム全得点の5点をマークし、5−0の勝利に貢献した。埼玉T・Wingsはこれで3勝無敗、20得点無失点と絶好調だが、菊島がそのうち19ゴールというスーパーゴールラッシュ。男子選手にまじって2年連続の得点王もほぼ間違いなしの活躍を続けている。

日刊スポーツ

「知事」をもっと詳しく

「知事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ