米ツアーV鈴木愛「ケガのおかげ」ゴルフ遠ざけ復活

11月10日(日)18時54分 日刊スポーツ

優勝トロフィーを手に笑顔の鈴木愛(撮影・外山鉄司)

写真を拡大


<女子ゴルフ:TOTOジャパンクラシック>◇最終日◇10日◇滋賀・瀬田GC北C(6659ヤード、パー72)◇賞金1億6500万円(優勝2475万円)

鈴木愛(25=セールスフォース)が史上3人目の2週連続完全優勝で、米ツアー初勝利を挙げた。
首位から出て5バーディー、ノーボギーの67で通算17アンダーの199。米ツアーの強豪たちの追随を許さず、今季6勝目、ツアー通算15勝目。優勝賞金22万5000ドル(約2480万円)を加え、賞金ランクも2位に浮上。東京五輪出場にかかわる世界ランクも24位から20位以内になることが確実となり、大収穫の優勝となった。
   ◇   ◇   ◇
日本の女王が世界を制した。米ツアーの強豪相手に、3日間首位を守り通して独走V。全英オープンで渋野を追い詰めたプレッセルが前半7バーディーと追い上げても、キム・ヒョージュがひたひたと迫り来ても、鈴木には届かない。最終18番。ウイニングショットはこの日5個目のバーディー。圧倒的な強さで米ツアー初勝利をつかんだ。
「TOTOに勝つのが夢だった。今日で15勝の中ですごく大きな意味を持つ試合。今までの優勝で1番か2番に印象に残る試合になりました」と笑顔で話した。復活優勝を遂げた先週の樋口久子・三菱電機レディースの初日から5ラウンド連続の首位キープ。「ショートパットさえ外さなければボギーはない」との強い気持ちで、15年のイ・ボミ、18年の申ジエに続く史上3人目の2週連続完全Vを達成した。
今までにない復活劇だった。左手親指と手首を痛め、4大会連続欠場。1カ月休み、自分の生活からゴルフを遠ざけた。東京で同居する母と弟を実家に帰し、1人で料理や洗濯に励み心身ともにリフレッシュ。「休む勇気がなかったが、ケガのおかげで休めた。逆に、今までにないような良い状態になった」と話した。
今回の優勝で2つの夢に大きく近づいた。米ツアー参戦と、東京五輪への出場だ。米ツアーは18日までに全米女子プロゴルフ協会へ会員申請すれば、来季から出場可能。五輪出場資格に関わる世界ランクも現在の24位から20位以内に上昇することが確実だ。米ツアーは言葉や移動などの面で熟慮中。それ以上に「賞金王を取りたい」との思いが強い。渋野を抜いて賞金ランクは2位に浮上。首位の申ジエとも約700万円弱と縮まった。残り3試合。「先週5%だったチャンスが30%になった。最後まであきらめずにやりたい」と決意を口にした。【桝田朗】
<鈴木愛の使用クラブ>
▼1W=PING G410 LST(シャフト=PING ALTA JCB ロフト10・5度、長さ45・5インチ)▼3W=同 G410(14・5度)▼7W=PING G410(20・5度)▼UT=同 G400(22、26度)▼アイアン(6〜9、PW)=同 i210▼ウエッジ=同 グライド2・0(50度、54度、58度)▼パター=同  GLe2 echo▼ボール=タイトリスト プロV1X

日刊スポーツ

「米ツアー」をもっと詳しく

「米ツアー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ