【ソフトバンク】160キロ左腕・古谷が現状維持の700万円でサイン

11月10日(日)21時16分 スポーツ報知


 ソフトバンクの古谷優人投手(20)が10日、宮崎市内のホテルで契約更改交渉し、現状維持の700万円でサインした。

 5月の四国IL・香川との3軍戦で、西武・菊池(現マリナーズ)が158キロ、中日・ロドリゲスが159キロを上回る160キロを計時。日本球界最速左腕となったが、3年目の今季も1軍登板はなかった。「何一つ成長できなかった。すごく悔しい」と肩を落としたプロ3年生。「強い球をストライクゾーンに投げ込めれば勝負になると思う」。来季は自分の強みを生かし、飛躍を誓った。

スポーツ報知

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ