伊藤美誠、マッチポイントからまさか…悪夢の5連続失点で大逆転負け 日本は初Vへ後がなくなる

11月10日(日)20時42分 スポーツ報知

フルゲームの末、孫穎莎(手前)に逆転負けの伊藤美誠

写真を拡大


◆JA全農 ITTF 卓球W杯団体戦2019TOKYO(10日・東京体育館)

 女子で世界チームランク2位の日本は、決勝で同1位の中国と対戦した。

 0—1の第2試合は、シングルスで世界ランク7位の伊藤美誠(スターツ)が同3位の孫穎莎と対戦した。ともに「ミレニアム世代」(2000年生まれ)の19歳。第1ゲームは伊藤が中盤以降で積極的な攻めを見せ、11—8で先取した。

 第2ゲームも優勢を保ち、鋭く回転をかけたサーブなどでリードを広げた。9—9と同点を許しても冷静さを失わず、10—9からはバックハンドの強打を突き刺して11—9で奪った。

 第3ゲームは中盤まで競り合う展開。サーブの球種を多彩に使って対抗したが、思い切りのよい返球にも苦しんで6—11で落とした。第4ゲームもフォアの強打に好反応されるなど、序盤から劣勢。スマッシュのアウトも目立ち、7—11で奪われ、勝負は最終ゲームにもつれこんだ。

 最終ゲーム、伊藤は序盤から多彩なサーブを軸に優位に進めた。5—2からサーブをフォルトし、ぺろりと舌を出した。7—6と迫られたが、相手がサーブミス。8—7からはフォアの強打を沈めた。10—7でマッチポイントを迎えたが、ここから暗転する。相手の捨て身のショットが次々と決まり、悪夢の5連続失点。10—12で落とし、2—3で敗れた。

 日本は第2試合を終えて0—2となり、後がなくなった。

スポーツ報知

「伊藤美誠」をもっと詳しく

「伊藤美誠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ