かすみうペア、世界1位&世界女王の最高峰ペアにストレート負け…W杯団体初Vへ0—1と先行許す

11月10日(日)19時48分 スポーツ報知

女子ダブルス(第1試合)第1ゲーム 中国の選手を相手に攻める(左から)石川佳純、平野美宇ペア

写真を拡大


◆JA全農 ITTF 卓球W杯団体戦2019TOKYO(10日・東京体育館)

 女子で世界チームランク2位の日本は、決勝で同1位の中国と対戦。第1試合は石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)の“かすみう”ペアが、陳夢、劉詩ブンのペアと対戦した。

 シングルスの世界ランク1位の陳夢と、今年の世界選手権金メダルの劉詩ブン。世界最高峰の2人が組んだ相手は、リターンの反応も抜群。決定打も返され、じわじわと追い込まれた。第1ゲームは劣勢で7—11。第2ゲームは好内容で追い詰めるも、9—11とわずかに相手が上回った。

 第3ゲームは、序盤の主導権を握って5—1とリード。5—3からは相手の返球がエッジに当たって入る不運もあり、徐々に追い上げられた。一時は10—7としたが、最後はミスにつけ込まれる形で逆転を許し、10—12。強力ペアにストレート負けを喫した。

スポーツ報知

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ