卓球女子日本、2大会連続銀 中国に善戦もストレート負け

11月10日(日)21時8分 スポーツニッポン

劣勢に険しい表情を見せる石川(左)と平野組(撮影・会津 智海)

写真を拡大

 ◇卓球JA全農W杯団体戦最終日(2019年11月10日 東京体育館)

 卓球の東京五輪テスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)団体戦決勝戦が行われ、準決勝で韓国を下した日本女子が8連覇中の中国代表と対戦。善戦を繰り広げるも0—3のストレートで敗れ、惜しくも2大会連続銀メダルとなった。

 日本は石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)で挑んだ第1試合のダブルスをストレートで敗戦。0−2で迎えた第3ゲームではマッチポイント握るも、相手の猛攻に押され5連続失点でゲームを奪うことはできなかった。

 第2試合シングルスでは伊藤美誠(スターツ)が同じ19歳の孫穎莎と激突。2ゲーム連取し勝利に王手をかけたが、伊藤の読めない攻撃に対し相手が徐々に対応。フルセットにもつれ伊藤がマッチポイントを手にしたが、最後は5連続ポイントを許しまさかの逆転負けを喫した。

、第3試合シングルスは平野が劉にストレート負け。競り合う展開もあと一歩及ばず、惜しくも0−3で日本女子は2年連続となる銀メダルとなった。

スポーツニッポン

「卓球」をもっと詳しく

「卓球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ