萩野公介、200個メV…代表標準記録超え

11月10日(日)19時48分 読売新聞

 競泳・社会人選手権最終日(10日・静岡県富士水泳場)——リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(ブリヂストン)が、200メートル個人メドレー予選を1分58秒73で泳ぎ、日本代表候補選手として国立スポーツ科学センターの使用などが可能となる標準記録(1分59秒23)を超えた。決勝は1分59秒23で優勝した。男子200メートル平泳ぎは今夏の世界選手権で銅メダルの渡辺一平(トヨタ自動車)が2分9秒66で勝った。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「萩野公介」をもっと詳しく

「萩野公介」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ