【プレミア12】ロッテのチェンが台湾代表で“凱旋”マウンド 阪神ナバーロ斬りで声援浴びる

11月11日(月)14時10分 フルカウント

2死一、三塁のピンチで阪神ナバーロと対戦

■メキシコ – チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・11日・ZOZOマリン)

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は11日からスーパーラウンドが始まり、チャイニーズ・タイペイとメキシコがZOZOマリンスタジアムで初戦を戦った。メキシコは6回、キロスの右犠飛で2点目を追加。2死一、三塁のピンチで先発のジャン・シャオチン投手が降板し、2番手でチェン・グァンユウ投手(ロッテ)が登板した。

 今季インディアンス傘下3Aコロンバスでプレーしたジャンは4回までノーヒットノーランの好投をみせていたが、5回に被弾し1点を奪われた。さらに6回にも無死一、三塁からキロスの右犠飛で1点を奪われ、元オリックスのクラークを敬遠として2死一、三塁で降板。

 慣れ親しんだマウンドに上がったチェンは日本語と中国語の声援を受けながら、阪神所属のナバーロと対戦。フルカウントまで持ち込むと、最後は高め直球を打たせて一ゴロに仕留めた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「プレミア12」をもっと詳しく

「プレミア12」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ