大迫がフル出場=浅野はリーグ初得点—欧州サッカー

11月11日(月)11時30分 時事通信

 【ロンドン時事】サッカーの欧州各国リーグは10日、各地で行われ、ドイツ1部リーグで大迫勇也のブレーメンは敵地でボルシアMGに1—3で敗れた。大迫はけがから復帰後、初めて公式戦でフル出場。長谷部誠と鎌田大地のフランクフルトは敵地でフライブルクに0—1で敗れた。先発した鎌田は後半22分に退き、長谷部は出番なし。
 セルビア1部リーグでは、パルチザン・ベオグラードの浅野拓磨がホームのインジヤ戦でフル出場。2—0の後半8分にPKを決め、リーグ戦で今季加入後の初得点をマークした。チームは3—0で快勝。
 オーストリア1部リーグで南野拓実と奥川雅也のザルツブルクは敵地でウォルフスベルガーを3—0で退けた。先発した南野は先制点をアシストし、終盤に奥川と交代して退いた。
 ポルトガル1部リーグでは、中島翔哉が後半33分から出場したポルトが敵地でボアビスタを1—0で下した。オランダ1部リーグでPSVアイントホーフェンの堂安律は、1—2で敗れた敵地のウィレムII戦でフル出場。 

[時事通信社]

時事通信

「欧州」をもっと詳しく

「欧州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ