ヤクルト奥川「球種増やしたい」学ラン姿でシャドー

11月11日(月)6時0分 日刊スポーツ

ボールの握りについて話すヤクルトのドラフト1位星稜・奥川(左)(撮影・保坂恭子)

写真を拡大


プロ仕様へ、奥川がさらにレベルアップを狙う。ヤクルトのドラフト1位、星稜・奥川恭伸投手(18)ら新人5選手が10日、愛媛・松山で行われている秋季キャンプを2日連続で訪れた。
ノートを持参し、投手陣の練習をみっちり見学。「全体的にレベルアップしたい。球種も増やせるのであれば、増やしたい」と力強く話した。
白球を手にすると、たまらず立ち上がった。キャッチボールを見ながら、投手出身の阿部担当スカウトと握り方について談議。ボールを渡されると、実際にチェンジアップやフォークの握りを披露した。その後もボールを手放さず、学ラン姿でシャドーのように体を動かしたり、利き手ではない左手でもボールを持って腕を振ったりと、プロの練習を見て刺激を受けた様子だった。
ブルペンにも2日連続で足を運び、捕手の後ろから食い入るように投球を見つめた。多くの変化球を投げ込む投手を見て「すごい球だった」と素直な言葉を口にした。「(カットボールなど)そういうボールも投げられたら(投球が)楽になる。やってみたいと思う」と新球種の取得にも意欲を見せた。甲子園を沸かせた右腕が、今度はプロの世界へ羽ばたく。【保坂恭子】

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ