ソフトバンク平石コーチ就任「異例かも…」一問一答

11月11日(月)11時1分 日刊スポーツ

入団会見で三笠杉彦取締役GM(球団統括本部長)(左)と握手を交わす平石洋介打撃兼野手総合コーチ(撮影・今浪浩三)

写真を拡大


ソフトバンク平石洋介打撃兼野手総合コーチの就任会見が行われた。
一問一答は以下の通り。
−楽天の監督からソフトバンクのコーチになることについて
平石コーチ これまでは相手として外から見るのと中に入って見るのでは違う。いろんな選手を見て知っていっていい方向にやっていけたらと思います。
−ホークスの印象は?
平石コーチ 能力の高い選手が多い。楽天の監督してなんとか1点を多く取りたい思いだった。1番から9番まで、そしてベンチの控え選手まで、しっかり役割をこなす選手ばかりだと思ってます。
−コーチを引き受ける決断については
平石コーチ 楽天を退団して早い段階で熱心に誘ってもらった。確かに異例かもしれないがトライしようと思った。
−大分出身で帰ってきたという思いはありますか?
平石コーチ 小学校卒業後に野球留学で大阪に行った後に仙台に行きました。小学校以来なので想像もしてなかった。うれしい。
−本多コーチに次ぐ若いコーチとなります
平石コーチ 若いからいいということもない。チームがいい方向に向かうためには腹を割ってつきあえる仲にならないといけないと思う。
−ソフトバンクのユニホームに袖を通した印象は?
平石コーチ 久しぶりに気持ちが高ぶっている。ユニホームが似合っているかが一番気になる。本多コーチにも「似合ってるか」って聞きました。

日刊スポーツ

「コーチ」をもっと詳しく

「コーチ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ