久保建英18歳弾でも「僕だけではない」一問一答1

11月11日(月)0時0分 日刊スポーツ

マジョルカ対ビリャレアル 後半、スペインリーグ初得点を決め、笑顔で駆けだすマジョルカMF久保(左)(撮影・PIKO)

写真を拡大


<スペインリーグ:マジョルカ3−1ビリャレアル>◇10日◇マジョルカ

【パルマデマジョルカ(スペイン)10日=高橋智行通信員】スペイン1部のマジョルカに所属するMF久保建英(18)が待望の移籍後初ゴールを記録した。
ホームのビリャレアル戦に先発。2−1の後半8分に左足で鮮やかなミドルシュートを決めた。18歳5カ月6日での一撃は、日本人の4大リーグ史上最年少得点となった。
久保は試合後に報道陣の取材に対応した。一問一答は以下の通り。
−スタメンになりゴールを決め、勝利した
久保 まずチームが勝利したことがうれしいですし、ゴールも決められたのでさらにうれしいです。勝ち点3を獲得し、手応えを感じながら代表期間を迎えられます。
−マジョルカ入団後のベストゲームでは?
久保 ゴールを決めたという点ではベストゲームだと思います。でもボールを失う場面もありました。
−18歳での自身への注目やプレッシャーについて
久保 リーガで若いのは僕だけではないです。今のサッカー界は、若い選手がどんどん増えていますし、そういう注目はポジティブに受け取る必要があります。時に大きなプレッシャーを感じることがありますが、そういうものと受け止めていかなければいけません。

日刊スポーツ

「久保建英」をもっと詳しく

「久保建英」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ