豪栄道休場 境川親方が「足もつけない状態」

11月11日(月)13時40分 日刊スポーツ

呼び出しの肩を借りて土俵を引き揚げる豪栄道(撮影・鈴木正人)

<大相撲九州場所>◇2日目◇11日◇福岡国際センター

大関豪栄道(33=境川)が「左足関節靱帯(じんたい)損傷(前脛腓靱帯損傷、前距腓靱帯損傷、骨間膜損傷)で、全治約8週間を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。初日の小結遠藤戦で痛め、取組後は足を引きずりながら引き揚げていた。師匠の境川親方(元小結両国)は「松葉づえで足も(地面に)つけない状態」と説明した。前日の取組後に病院に行ってエックス線検査を行い、この日午前に整形外科でMRIを撮ったという。

再出場の可能性については完全否定し「弱々しいイメージをつけたくないけど、ギプスもしている」と付け加えた。入院はしていないが、年内の稽古再開については「分からない。いろいろな治療があるから」と、より早期に復帰できる治療法を模索していく。九州場所担当部長でもある同親方は「ファンの皆さま、協会に申し訳ない」と、残念そうに話した。

また西十両6枚目の一山本(26=二所ノ関)は「左膝関節捻挫で、3日間の安静加療を要す」との診断書を提出し、休場した。初日の旭大星戦で痛めていた。

日刊スポーツ

「豪栄道」をもっと詳しく

「豪栄道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ