渋野日向子「なんちゅう1年」漢字で表すと「恥」

11月11日(月)6時1分 スポーツ報知

15番、バンカーショットを放つ渋野

写真を拡大


◆米女子プロゴルフ協会公式戦 TOTOジャパンクラシック最終日(10日、滋賀・瀬田GC北C)

 渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は通算7アンダーの13位に終わった。最終18番では6メートルのバーディーパットを沈めようやく笑顔を見せたが、5バーディー、4ボギーの結果に「自分の中の流行語の『ポンコツ』に当てはまるようなゴルフでしたね」と自虐気味に振り返った。多くのギャラリーを引き連れたが、賞金女王を争う鈴木とは10打差。賞金ランクは3位に後退したが「攻めの気持ちを忘れず頑張らないと」と残り3戦を見据えた。

 15日には21歳の誕生日を迎える。20歳ラスト試合を優勝で飾れなかったが、激動の1年を「去年の11月はQT(予選会)にヒヤヒヤしていた。試合に出たら優勝して優勝して、全英も勝っちゃって、なんちゅう1年だ」と“しぶこ節”全開で振り返った。20歳を表す漢字には「恥」をチョイス。「みなさんに知っていただけているのが恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべた。

スポーツ報知

「渋野日向子」をもっと詳しく

「渋野日向子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ