【オリックス】育成選手の東が契約更改、支配下へ向けて「結果を求めたい」

11月11日(月)14時10分 スポーツ報知

契約更改を終えたオリックス・東

写真を拡大


 オリックスの東晃平投手(19)が11日、大阪市内の球団施設で契約更改を行い、10万円増の年俸250万円でサインした(金額は推定)。

 2017年育成ドラフト2位で入団。プロ1年目の昨季は左脇腹痛などで公式戦に登板できなかった。今季はけがなくシーズンを過ごし、ファームの先発ローテとして19試合に登板し、5勝7敗、防御率3・84。「けががなかったのは大きい。完投もできて、8回9回まで投げて試合もあって自信になった」と手応えを口にした。最速は149キロにアップし、平均球速も約4キロほど上昇して約143キロとなった。3年目の来季へ「支配下となるために結果を求めたい」と前を向いた。

スポーツ報知

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ