岡田氏オーナーFC今治 J3昇格確実に「ホームで決めてくれてよかった」

11月11日(月)5時38分 スポーツニッポン

FC今治オーナーの岡田武史氏

写真を拡大

 サッカーのJFL第27節が10日、各地で行われ、元日本代表監督の岡田武史氏(63)がオーナーを務める3位のFC今治はホームでマルヤス岡崎を1—0で下して勝ち点49とし、J3昇格条件の4位以内を確定させた。前半27分に元日本代表MF橋本英郎(40)がゴールを奪った。今後Jリーグ理事会の承認を経てJ3昇格が正式決定する予定で、Jリーグ入りが確実となった。

 岡田氏は14年10月に運営会社の株式51%を取得し、オーナーに就任。15年の地域リーグの四国リーグから始まったJリーグ入りの挑戦が5季目で結実した。試合後の記者会見では「想定より1年遅れたが、ホームで決めてくれてよかった」と笑顔を見せた。JFLでは17年が6位、昨年は5位。今季は元日本代表のMF橋本、DF駒野友一(38)が加入し、勝負をかけていた。

スポーツニッポン

「FC今治」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「FC今治」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ