特別協賛全農が豪華副賞進呈 卓球JA全農W杯

11月11日(月)5時48分 スポーツニッポン

日本チームに米俵を進呈する長澤経営管理委員会会長(撮影・会津 智海)

写真を拡大

 ◇卓球 JA全農W杯団体戦(2019年11月10日 東京体育館)

 大会に特別協賛した全農が表彰式で豪華な副賞を提供した。

 女子優勝の中国に日本米1トン、準優勝の日本に500キロを贈呈。石川、伊藤、平野、佐藤、馬場監督は全農の長澤豊経営管理委員会会長から米俵を渡され、壇上で笑顔。そろって副賞を受け取った。男子表彰は全農の桑田義文代表理事専務が行い、優勝の中国、準優勝の韓国を祝福した。

 2011年から卓球日本代表のオフィシャルスポンサーとなった全農は東京体育館内外でブースを展開。「『ニッポンの食』で心をひとつに。ニッポンエール」をコンセプトに盛り上げた。

 8種類の「どんぶり」を味わえるフードエリアや記念フォトスポットなど、来場者が卓球とニッポンの食を楽しめる企画を実施し、各国の選手や来場者をもてなした。

スポーツニッポン

「卓球」をもっと詳しく

「卓球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ