鈴木愛 米ツアー会員資格獲得も消極的「英語もできないし…」

11月11日(月)5時48分 スポーツニッポン

優勝カップを手に、笑顔の鈴木愛(撮影・平嶋 理子)

写真を拡大

 ◇女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラシック最終日(2019年11月10日 滋賀県・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72)

 首位から出た鈴木愛(25=セールスフォース)がボギーなしの5バーディー、67をマークし、通算17アンダーで米ツアー初優勝を果たした。

 鈴木は11日発表の世界ランクで20位以内に入る可能性が出てきた。来季のシードも手にし、11月18日までに登録すれば米ツアー会員の資格を手にする。海外挑戦は「夢」と話すものの「英語もできないし、食事や移動などを考えれば、(来季の米挑戦は)20%ぐらいかな」と現時点では消極的だ。

 ただし、LPGAによると、優勝の権利として来季のメジャー5試合の出場は可能となる。鈴木は「2月まではランクが下がるのも想定している。来季はメジャー初戦のANAインスピレーションには出たい」とスポット参戦する意向。五輪代表が決まる6月末までのメジャー3試合には出場し世界ランク上昇を狙う。

スポーツニッポン

「米ツアー」をもっと詳しく

「米ツアー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ