中日ドラ5岡林が仮契約 “鉄人ボディー”つくる

11月11日(月)5時48分 スポーツニッポン

中日と仮契約した岡林

写真を拡大

 中日からドラフト5位指名を受けた菰野・岡林勇希投手(17)が10日、三重県四日市市内のホテルで契約金3000万円、年俸550万円で仮契約を結んだ。

 3年時は主に4番投手を任され、打席に立つ際は「左打者で一番凄いと思う」と元阪神・金本知憲氏(スポニチ本紙評論家)のヒッティングマーチの演奏を頼んだほど憧れた。体重74キロの細身でも「最初は体が細くて、それでも体づくりをしっかりされて、あそこまでの選手になったと聞いた。自分も体づくりをしっかりしたい」と“鉄人ボディー”を武器に活躍する夢を描いた。

 右腕としても最速153キロながら、米村明チーフスカウトも「(投打)両方できるが、打者として将来性がある」と外野手としての期待を膨らませた。(北野 将市)

スポーツニッポン

「中日」をもっと詳しく

「中日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ