青木ヶ原樹海の遺体撮影で騒動のユーチューバー ボクサー人生は負けてもボロ儲け

11月11日(月)10時31分 しらべぇ

ボクサー(Sergey Nazarov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大変な知名度を誇るユーチューバーだったものの、遺体の動画をYouTubeに投稿したことで批判を浴び、急激に失速してしまったローガン・ポール(Logan Paul)。彼が今、ボクサーとしても大儲けしていることをご存じだろうか。


■青木ヶ原樹海で遺体を撮影

昨年1月、ローガン・ポール(24)は日本の青木ヶ原の樹海に潜入し、自殺したとみられる遺体をふざけた口調で撮影。その動画を投稿して世界中の人々から非難され、チャンネルが広告枠の「グーグル・プリファード」から除外となるなど、YouTube界の問題児と化してしまった。

しかし身長188センチでリーチも長いローガンは、干された後は筋肉の鎧を身にまといリング・デビュー。ボクシング界のファンも抱き込んで知名度と人気を一層増やしていた。

そのローガンが米国ロサンゼルスのステイプルズ・センターで現地の9日夜、やはり有名ユーチューバーでボクサーのKSIと約10ヶ月ぶりにリングで対戦した。


関連記事:新世代大食いユーチューバー・牛乳ちゃんに千鳥ノブ「細身女子の食事やん」

■2千万人超がチャンネル登録

英国籍のKSIは26歳で身長183センチ。女性嫌悪の性的な動画で一躍有名になり、現在のチャンネル登録者数は2,060万人と2,000万人のローガンよりやや多い。

昨年8月に英国マンチェスターで行われた2人の初対戦はドローとなったが、チケットが有料にもかかわらず会場には1万5,000人が入場。YouTubeの動画は120万人が視聴し、2人はそれぞれ数億円ずつ稼いでいた。彼らはやはり金儲けの天才というほかない。

■KSIとの再戦の結果は…

6ラウンド制のこのたびの対戦は、マッチルーム・ボクシング・USAがスポーツチャンネルのDAZNと組んで贈るビッグ・イベントの1つ。開催地がロサンゼルスとあって、ハリウッドセレブの姿もちらほら。

その1人が歌手のジャスティン・ビーバー。彼は控室にも駆け付け、円陣を組んだ際には先に立って祈りの言葉を捧げていた。試合は最終ラウンドまで持ち込まれ、採点は55−56、57−54、56−55と割れたものの結局はKSIの判定勝ちとなった。

第4ラウンド、ローガンの強いアッパーでキャンバスに沈んでみえたKSIだが、禁止されている後頭部への攻撃だったとしてレフェリーはむしろローガンを2点減点。これが響いたと伝えるメディアは多い。


■ユーチューバーは楽な稼業?

このたびのリングでは大粒の汗とともに大変な闘志をみせたものの、大胆不敵でふざけきった性格からどうにもアンチが多いローガン。

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象にユーチューバーについての意識調査を実施していたが、「彼らは楽して稼いでいる」と考えている人はやはり少なくないようだ。

ユーチューバーは楽に稼いでいるように見える性年代別グラフ

しかし人気ユーチューバーの動画が人々を飽きさせないのは、体を張った撮影と真剣で手の込んだ編集があってのこと。一攫千金を夢見る段階を超え、その道を実際に究めた者に対しては「汗水流して働いたと認めるべきだ」という声も少しずつ増えているようだ。


・合わせて読みたい→人気ユーチューバー、収入をグラフ化し公開 「まさかの金額」に驚愕


(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

サブ 調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日 

対象:全国10代〜60代の男女1,732名(有効回答数)

しらべぇ

「遺体」をもっと詳しく

「遺体」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ