スーパーGT:ポルシェ ジャパン 2017年第8戦もてぎ レースレポート

11月14日(火)6時0分 AUTOSPORT web

D’station Porscheは9位、GULF NAC PORSCHE 911は4位で今季を締めくくる


スーパーGT最終戦で911 GT3Rは2台そろってポイント獲得


 茂木町.ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)のドライビングアンバサダーを務める藤井誠暢が所属し、911 GT3 Rで2017年のスーパーGT GT300クラスに参戦するD’station Racing(#33)は第8戦(ツインリンクもてぎ)の決勝において、9位入賞しました。
 
 もう1台の911 GT3RでGT300クラスに参戦するGULF NAC PORSCHE 911(#9)は4位となり、2台がそろって入賞しました。


 2017年のスーパーGT最終戦、第8戦の舞台となるのはツインリンクもてぎ。トラクションに優れるポルシェ911 GT3 Rが得意とするこのコースで、藤井誠暢とともにポルシェ ワークスドライバーのスヴェン・ミューラーがドライブするD’station Porsche(#33)は、11月11日(土)の公式練習では6番手と好発進。
 
 午後の予選でも藤井がQ1を突破すると、Q2でミューラーが1分47秒416をマークし、6番手と今季最上位グリッドを獲得した。


 明けた11月12日(日)、サーキットには約36,000人という観衆が訪れ、快晴のもと午後1時30分にスタートを迎えた。スタートドライバーを務めたのは、前戦タイでも序盤に好走をみせたミューラーだ。

藤井誠暢/スヴェン・ミューラー
藤井誠暢/スヴェン・ミューラー

 
 期待に応え、ミューラーは1周目に1ポジションアップ。前を行く#11メルセデスを追った。チームは今回、ピットイン時に負担が大きいリヤタイヤのみの交換を選択し、なるべくタイヤに負担をかけず、最低限の周回数となる16周目にピットインさせる作戦を採る。
 
 これには#11メルセデスに前を塞がれている間のタイムロスを減らそうという狙いもあったが、ミューラーはそのロスを少しでも減らすべく、13周目の90度コーナーで果敢に#11メルセデスに仕掛けていった。


 2台は軽く接触してしまうが幸いにもコースアウトはなく、ミューラーは予定どおり16周目にピットに向かい、藤井に交代。予定通りリヤタイヤ二輪のみの交換を行いピットアウトした。


 迅速な作業もあり、藤井はピットアウトすると、先にピットインしていた#4メルセデスを豪快にパス。ピットインを済ませていた車両の中で首位に浮上した。


 しかし19周目、藤井は右フロントタイヤに異変を感じ取る。ピットイン前の接触によりホイールにダメージがあり、スローパンクチャーがあったのだ。藤井は緊急ピットインを行い、前輪二輪を交換。ふたたびレースに戻った。


 いったん最後尾近くまでドロップしてしまった藤井だが、D’station Porscheのペースは良く、そこから怒涛の追い上げを披露する。最終的には9位でチェッカーを受け、今季7度目の入賞を果たした。最終的に藤井は35ポイントを獲得し、ランキング7位となった。

GULF NAC PORSCHE 911
GULF NAC PORSCHE 911


 もう1台の911 GT3 RでGT300クラスに参戦するGULF NAC PORSCHE 911(#9)は、スタート前のウォームアップ走行で他車に接触されてしまうアクシデントがあったものの、レースには影響なくトップ10圏内を走行。
 
 17周目にピットインして四輪交換を行い峰尾恭輔からジョノ・レスターに交代した後、3番手争いを展開。最後は4位でフィニッシュし、惜しくも表彰を逃した。レスターと峰尾は31ポイントを獲得し、藤井に続くランキング8位でシーズンを終えている。


スーパーGT GT300クラス 2017年 第8戦 ツインリンクもてぎ 結果


1位 No.65 LEON CVSTOS AMG(49周)
2位 No.55 ARTA BMW M6 GT3(49周)
3位 No.4 グッドスマイル 初音ミク AMG(49周)
4位 No.9 GULF NAC PORSCHE 911(49周)
* * * * *
9位 No.33 D’station Porsche(49周)

4位となった峰尾恭輔/ジョノ・レスター
4位となった峰尾恭輔/ジョノ・レスター


AUTOSPORT web

「レース」をもっと詳しく

「レース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ