MVPは明治大GK服部一輝、ベスト11にはJ内定者4人選出/関東大学リーグ1部

11月14日(月)1時0分 サッカーキング

6年ぶり4回目の関東大学リーグ1部制覇を果たした明治大学 [写真]=内藤悠史

写真を拡大

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦の閉会式が、13日に味の素フィールド西が丘で行われた。

 今シーズンの関東大学リーグ1部は、明治大学が首位を独走。全22節のリーグ戦で、現行制度では史上最速となる“4試合残し”での優勝を決めた。同リーグ制覇は6年ぶり4回目。また、6位までに与えられる全日本大学サッカー選手権(インカレ)出場権は、明治大のほか、筑波大学、日本体育大学、法政大学、慶應義塾大学が獲得した。7位フィニッシュとなった専修大学はプレーオフに回る。

 一方、昨シーズンの王者・早稲田大学が11位に沈み、2部降格が決定。最下位の国士舘大学も来シーズンは2部での戦いに臨むこととなった。

 また個人賞では、明治大からGK服部一輝、DF小出悠太(ヴァンフォーレ甲府加入内定)、DF河面旺成(大宮アルディージャ加入内定)、MF道渕諒平(甲府加入内定)、MF柴戸海、FW丹羽詩温と最多の6名がベストイレブンに選出。MVPには明治大キャプテンの服部が輝いた。

 各試合の観戦者が投票して決定されるベストヒーロー賞にて最多投票を獲得した選手には、早稲田大のMF相馬勇紀が選出されている。

 関東大学リーグ1部の最終順位表、各賞の受賞者は以下のとおり。

■関東大学リーグ1部順位表

1位:明治大学(勝ち点47/得失点差+23)
2位:筑波大学(勝ち点37/得失点差+13)
3位:日本体育大学(勝ち点36/得失点差0)
4位:順天堂大学(勝ち点32/得失点差+5)
5位:法政大学(勝ち点31/得失点差+5)
6位:慶應義塾大学(勝ち点30/得失点差−3)
7位:専修大学(勝ち点30/得失点差−3)
8位:流通経済大学(勝ち点28/得失点差−4)
9位:駒澤大学(勝ち点28/得失点差−9)
10位:桐蔭横浜大学(勝ち点25/得失点差−2)
11位:早稲田大学(勝ち点23/得失点差−3)
12位:国士舘大学(勝ち点21/得失点差−22)

※1位〜6位はインカレ出場権獲得。7位はインカレプレーオフ出場権獲得。11位、12位は2部降格

■表彰一覧

【MVP】
服部一輝(明治大4年)

【得点王】
高井和馬(日本体育大4年)…14得点

【アシスト王】
該当者なし(大会規定で11アシスト以上が受賞資格を得る)

【ベストイレブン】
▼GK
服部一輝(明治大4年)

▼DF
小出悠太(明治大4年、ヴァンフォーレ甲府加入内定)
河面旺成(明治大4年、大宮アルディージャ加入内定)
高野遼(日本体育大4年、横浜F・マリノス加入内定)
鈴木大誠(筑波大2年)

▼MF
道渕諒平(明治大4年、ヴァンフォーレ甲府加入内定)
高井和馬(日本体育大4年)
吉岡雅和(駒澤大4年)
柴戸海(明治大3年)

▼FW
丹羽詩温(明治大4年)
中野誠也(筑波大3年)

【新人賞】
旗手怜央(順天堂大1年)
オビ・パウエル・オビンナ(流通経済大1年)

【最多出場】
望月大知(慶應義塾大4年)
小口大貴(専修大4年)
溝渕雄志(慶應義塾大4年)

【東京中日スポーツ賞】
吉田直矢(筑波大4年)

【ベストヒーロー賞】
相馬勇紀(早稲田大2年)

【特別賞】
小島亨介(早稲田大2年)

【フェアプレー賞】
該当なし

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東大をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ