【SEMA2017】ヘネシーがフォード「F-150 ラプター」を6輪駆動で600馬力にチューンした「VelociRaptor 6x6」を公開!

11月15日(水)10時0分 日本版Autoblog



世界最速を目指す米国製スーパーカーや1,000馬力にチューンしたシボレー「カマロ」で知られるヘネシー・パフォーマンスは、今年のSEMAショーで「VelociRaptor 6x6」を発表した。これはフォードの新型「ラプター F-150」をベースに、究極を目指すオフロード・エンスージアストのためのチューニングを施した34万9,000ドル(約3,960万円)の6輪ピックアップ・トラックだ。

前述の価格には、6輪駆動のロッキング・リアアクスルをはじめ、Fox製サスペンション、20インチ・ホイールとオフロード・タイヤ、フロントとリアのカスタム・バンパー、ブラックのロールバー、LEDライト、そしてエンジンの最高出力を600hpに引き上げる「VelociRaptor 600ツインターボ」アップグレードが含まれる。オプションとしてブレンボ製前後ブレーキ、大径のホイールとタイヤ、カスタムメイドのインテリア、電子制御系のアップグレード、防護システムなども提供されている。

VelociRaptor 600ツインターボは、新型ラプターのオーナーであれば、6輪駆動にしなくても、2万2,500ドル(約256万円)でアップグレード可能だ。このパッケージには、ステンレススチール製エキゾースト・システムや、改良型の空冷式インタークーラーとパイピング、チューニングを施したECUなどが含まれる。ちなみにベース車両のラプター F-150には、最高出力450hp、最大トルク70.5kgmを発生する3.5リッターV型6気筒ツインターボ・エンジンが搭載されている。

「我々のVelociRaptor 6x6は、純粋なアグレッシブさを全ての車輪、すなわち6輪に備えています」とジョン・ヘネシーCEOはプレスリリースで述べている。「2017年型ラプターを、これまで造られてきたピックアップ・トラックの中で最も万能な1台にすることができるのです」。

By SVEN GUSTAFSON

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

日本版Autoblog

この記事が気に入ったらいいね!しよう

フォードをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ