長友、強豪ベルギー相手に惜敗で悔しさも「決めるべきところを決められた」

11月15日(水)6時57分 フットボールチャンネル

 現地時間14日にベルギーのブルージュで国際親善試合が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。ベルギー戦後、日本代表DF長友佑都が試合を振り返っている。

 まず、最初に「前半からチームが一つになって集中した守備が出来ていたので良いゲームは出来ていましたけど。負けは負けなので悔しいですね。決めるべきところを決められたので。僕らもチャンスありましたけど、それを決めきれないっていうのは差があると思います」と、出来ていた部分と課題を口にした。

 続けて「W杯まで試合数があまりないので1試合1試合大事にして、今日出た課題というものを次に繋げられるように。あとは自分も次の代表に選ばれるように頑張ります」と今後に向けた意気込みを語っている。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ベルギーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ