日本撃破は「ロジカル」? 手応え感じるベルギー主将「最初は大変だったけど…」

11月15日(水)9時14分 フットボールチャンネル

 日本代表は現地時間14日、国際親善試合でベルギー代表と対戦し、0-1で敗れた。ベルギー代表のDFヤン・ヴェルトンゲンは、「日本は良いチーム」としながらも妥当な結果だと『VTM』に語っている。

 MFエデン・アザールなど一部の主力を外したベルギーは、72分にFWロメル・ルカクが決めたゴールが決勝点となり勝利を収めた。

 ベルギーの主将を務めるヴェルトンゲンは「もちろん簡単な試合ではなかった。日本が多くのエネルギーを注いでくることは分かっていたし、それは立ち上がりからはっきりしていたね」とコメントし、こう続けた。

「最初はそのプレッシャーをかいくぐるのが大変だったけど、最終的には彼らが抑えきれなかった。試合が進むにつれてボールを持てるようになったね。日本がハイプレスを持続できなかったのはロジカルなことだ」

 今回の代表ウィークでベルギーはメキシコ、日本と対戦した。ヴェルトンゲンは「こういった国々との対戦は良い。ヨーロッパの国のことは知っているから、ワールドカップへ行くほかのスタイルを知っていることは大切だ」と2連戦の収穫を語った。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ベルギーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ