独代表、2度リードされるもAT弾で仏代表に引き分け。2017年は無敗で終了

11月15日(水)14時0分 フットボールチャンネル

ドイツ 2-2 フランス 国際親善試合

 現地時間14日、ドイツはホームでフランスと国際親善試合を行い2-2の引き分けに終わった。

 立ち上がりはドイツが優位に試合を進めチャンスを作るも先制点はフランスに入る。33分、ペナルティーエリアでボールを受けたFWアントニー・マルシャルが相手DFを交わし飛び出してきたGKの動きを見てFWアレクサンドル・ラカゼットにパス、そのまま無人のゴールに流し込んだ。

 ホームの大声援を受けるドイツは56分、中盤でボールを持ったMFメスト・エジルがオフサイドぎりぎりのタイミングで飛び出したFWティモ・ヴェルナーにスルーパスを送る。ヴェルナーはGKと1対1の状況から冷静にゴール右隅に流し込みドイツが同点に追いつく。

 その後は膠着状態が続くも71分に再びフランスが勝ち越しゴールを決める。中盤でボールを受けたFWキリアン・ムバッペが前線のラカゼットへスルーパスを送ると飛び出してきたGKの股を抜くシュートを決める。

 このまま試合終了かと思われた後半ロスタイムにドイツが同点ゴールを決める。中盤でボールを受けたエジルがペナルティーエリアに入り込んだMFマリオ・ゲッツェへパス、ダイレクトでFWラース・シュティンドルに落としそのまま右足でシュート、これがゴール右隅に決まった。

 試合は2-2で終了。ドイツは最後で追いつき2017年を無敗で終えた。

【得点者】
33分 0-1 アレクサンドル・ラカゼット(フランス)
56分 1-1 ティモ・ヴェルナー(ドイツ)
71分 1-2 アレクサンドル・ラカゼット(フランス)
90分+3 2-2 ラース・シュティンドル(ドイツ)

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

引き分けをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ