マラドーナ氏、“詳細データ”で代表復帰を主張「私は戻りたいんだ!!!」

11月15日(水)17時30分 フットボールチャンネル

 アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が、あるデータを使いながら代表への復帰を主張している。

 マラドーナ氏は現役引退後、2008年から2年間アルゼンチン代表の監督としてチームを指揮。2010年の南アフリカW杯ではチームをベスト8へ導いたものの、期待値が高かったために評価は得られず。その後協会との対立が生じ、解任されている。

 選手として華々しい経歴を持つマラドーナ氏は、監督としてはあまり評価をされていない。しかし、当の本人はそれに不満を示している。インスタグラムに投稿した同氏は、歴代代表監督の試合数、勝ち、引き分け、負けの数、勝率が書かれた表をもとに、自身に対する批判に反論をした。

 「誰が一番勝っている?..結論を出そう。私は頭にきている。なぜなら僕らの名誉が誰かに与えられてしまっているから。でも選手たちのせいではない。私は戻りたいんだ!!!」

 その表によると、24試合中18勝0分け6敗で勝率75%を誇るマラドーナ氏が一番高い数字を残していること明らかになっている。

 アルゼンチン代表は、14日に行われた親善試合でナイジェリア代表に2-4の敗北を喫した。怒れるマラドーナ氏は、自分の方が良いと言わんばかりに代表監督復帰をアピールしている。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マラドーナをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ