吉田麻也、強豪ベルギー相手に粘り強く守るも失点「全員が一瞬気を抜いてしまった」

11月15日(水)8時20分 フットボールチャンネル

 現地時間14日にベルギーのブルージュで国際親善試合が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。ベルギー戦後、日本代表DF吉田麻也が試合を振り返っている。

 対戦したベルギー代表の印象については「彼らが明らかにフラストレーションがたまりながらプレーしてるのは感じられた。だからうまく我慢してよかったんですけど、結局ワンチャンスをモノにする差が大きく顕著に出てしまったかなと。決めるところしっかり決める選手はやっぱりあのチームにはいますし、ホントに1つだけだと思います」と、決定力の差が勝敗を分けたとの考えを示した。

 一方で「これを善戦したってことだけで終わりにせずに、やっぱりもう1個2個足りないってのはキッチリ理解して、前に進んでいかなきゃいけないなと思います」と語っている。

 ロメル・ルカクに決勝点を決められた失点シーンについては「ホントに一瞬気を抜いてしまったんじゃないかと、全員がね。誰か1人だけじゃなくて、中盤も後ろも一瞬気を緩めてしまったがゆえに、中に入られてしまった。本来だったら外に外に追い込むべきだと思うんですけど、クロスもすごくよかったですし、ボックスに入った後はノーチャンスだったと思います。その前で止めるべきだったと思います」と指摘している。

 ただ、手応えは感じているようで「ブラジルは正直、だいぶ差があるなと思いましたが。ベルギーとの差はそんなに、ブラジルと同じくらいあるかっていったらそうじゃないと思う。特に彼らが好調な時だったらまた難しいと思いますけど。明らかに調子がよくないなと。多くの選手がイングランドでやってるんで、チームでやってるのと全然違うパフォーマンスだなと感じました。そういう相手に対してそういうコンディションならやれるんだってのをしっかり把握してほしいと思います」とコメントしている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ベルギーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ