ダルビッシュに関心=各球団GMは慎重—米大リーグ

11月15日(水)9時8分 時事通信

 【オーランド(米フロリダ州)時事】米大リーグのゼネラルマネジャー(GM)会議は14日、フロリダ州オーランドで行われ、前日に続いて各球団のGMらが補強ポイントを語った。ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手については、大幅な交渉の前進はないもようだが、多くの球団の関心を集めている。
 レンジャーズのダニエルズGMは「特定のFA選手については話せない」。先発投手は必要だが、救援陣の整備も同様に重視しており、米メディアは金銭面の理由からダルビッシュとの再契約の可能性は低いとする。ドジャースのザイディGMは「まずは彼が他球団の話を聞く時間が必要だろう」と慎重。ツインズはダルビッシュを含め、高額の契約になりそうなエース級の投手獲得にも積極的な姿勢だ。
 一方、ワールドシリーズ覇者のアストロズなど既に先発陣が整っている球団も少なくない。カージナルスのモゼリアク編成本部長は「攻撃面と救援投手の強化が先決」と話した。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ダルビッシュをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ