元オリックス奥浪トライアウト無安打も「満足です」

11月15日(水)17時53分 日刊スポーツ

シート打撃で三飛に倒れる前オリックス奥浪(撮影・田崎高広)

写真を拡大


 免停中に人身事故を起こし、8月にオリックスを契約解除となった奥浪鏡内野手(22)が15日、マツダスタジアムで行われたプロ野球12球団合同トライアウトに参加した。
 3打数無安打1四球と快音は響かなかったが、奥浪は「最初は緊張で頭が真っ白でしたが、(ボールが)バットに当たって安心しました」と話した。
 5月に事故を起こし、無期限の謹慎処分。球団からは、来季の契約はないと聞き、それならトライアウトを受けてもう1度プロ野球に挑戦したいと、早めに準備を始めるため球団に契約解除を申し出たという。
 退団後は地元の広島に戻り、つてを頼って練習場所を探し、大学のグラウンドや施設を借りることができた。大学生と一緒にトレーニングを積んできた。だが、トライアウトでは実戦不足も痛感したという。
 この日はオリックスのユニホームでプレーした。「家族やユニホームを着させてくれたオリックスのためにも結果を残したかったが、楽しんでできたので満足です。今回は無理でも、チャンスはあるので、どんな形でもプロを目指したい」と出直しを誓っていた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トライアウトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ