ソフトバンク移籍の西田が会見「走攻守でアピール」

11月15日(水)10時47分 日刊スポーツ


 楽天からトレードでソフトバンクに移籍した西田哲朗内野手(26)が15日、チームがキャンプを張る宮崎・アイビースタジアム内で入団会見を行った。
 背番号「22」のユニホーム姿で会見した西田は「日本一のチームでやれることは感謝の気持ちです。強いチームでやれるというのはうれしく思う。走攻守でアピールしたい。同学年の今宮もいるのでいろいろと吸収したい」と、新天地での活躍を誓った。
 ソフトバンクは内野手の若返りを図っており、三笠球団本部本部長は「連覇、常勝軍団目指して内野手の層を厚くしたい。さらに優勝を続けるには重要な選手」と期待を寄せた。
 西田は会見後、チームに合流し、練習に参加した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソフトバンクをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ