傷害事件の疑い、逮捕の可能性もある/若狭勝氏の目

11月15日(水)8時9分 日刊スポーツ

日馬富士

 角界に衝撃が走った。大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が、10月の秋巡業中に行われた酒席で、東前頭8枚目の貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えていたことが14日、分かった。

 元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏の話 相手をビール瓶で殴り、頭蓋底骨折などのけがを負わせており、暴行事件ではなく、傷害事件の疑いがある。私も、容疑者が被害者をビール瓶で殴った事件を扱ったことがある。その時は、被害者が亡くなられており、殺人罪でやった。今回はけがなどの状況から、傷害罪に問われる可能性が高い。当てたのがビール瓶の底部分か、口部分かによっても違うが、一般人なら逮捕、起訴される案件だ。今回の事件で言えば、横綱だけに逃亡の恐れはないとしても、口裏合わせなど罪証隠滅の可能性はある。日馬富士の供述があいまいだったり、自分の有利な方向にばかり話を持って行こうとすれば、逮捕の可能性もある。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

事件をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ