白鵬4連勝、稀勢の里が早くも2敗目 九州場所

11月15日(水)17時59分 日刊スポーツ

<大相撲九州場所>◇4日目◇15日◇福岡国際センター

 40度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)が、千代大龍(29=九重)を寄り切って4連勝を飾った。

 黒星発進の横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)は、前頭筆頭の貴景勝(21=貴乃花)に押し出され2勝2敗となった。貴景勝は今場所2つ目の金星。

 大関はそろって4連勝とした。大関高安(27=田子ノ浦)は、前頭三枚目の松鳳山(33=二所ノ関)を寄り切りで下した。大関豪栄道(31=境川)は、前頭筆頭の玉鷲(32=片男波)を引き落として勝った。

 前頭四枚目の逸ノ城(24=湊)は、前頭五枚目の荒鷲(31=峰崎)を寄り切って4連勝をマーク。人気力士の前頭9枚目遠藤(27=追手風)は、前頭十枚目の勢(31=伊勢ノ海)に小手投げで敗れ連敗、2勝2敗となった。39歳で再入幕の前頭13枚目安美錦(39=伊勢ケ浜)は、同15枚目の妙義龍(27=伊勢ノ海)をはたき込みで下し4連勝とした。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

大相撲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ